2008年01月28日

ムンク

「ムンク展―The Decorative Projects」

評価 ★★★★

会場 兵庫県立美術館

代表作「叫び」は出品されていなかった。だが、それがかえってこの展覧会を面白くしてると感じた。初期から晩年までの作品を、“装飾性”という切り口で紹介。最初は装飾性・・・?って感じだったが、次第に引き込まれた。

ムンクの新たな側面を知ることができる秀逸な展覧会。
【関連する記事】
posted by てんてん at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。